close

健診・人間ドック

特定健診について

特定健診・特定保健指導

名瀬徳洲会病院健康管理室では、 特定保健指導に積極的に取り組んでいます。
特定保健指導(積極的支援)コースの詳しい説明や内容につきましてはこちらをご覧下さい。

特定保健指導(積極的支援)コース詳細(PDF)

特定健診・特定保健指導とは…
平成18年に成立した医療制度改革関連法のなかで、平成20年4月からメタボリックシンドロ-ムに着目した生活習慣病の予防事業が義務付けられました。
具体的には40歳~74歳の被保険者・被扶養者を対象に特定健診を行い、生活習慣病の該当者・予備軍を抽出し、特定保健指導を行うことで「発症・重症化を減らす」ものです。

あなたは大丈夫?メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームの診断基準となる4つの項目の数値をチェックしましょう。

メタボリックシンドロームの診断基準

内臓脂肪の蓄積

内臓脂肪の蓄積をチェックします。肥満の判定によく用いられるBMI(体格指数)ではなく腹囲で判定します。

胸囲(へそ周り):
男性 85cm以上、女性 90cm以上

※男女ともに、腹部CT検査の内臓脂肪面積が100㎠以上に相当

内臓脂肪の蓄積に加えて、下記の2つ以上の項目があてはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。

脂質異常

メタボリックシンドロームでは、過剰な中性脂肪の増加とHDLコレステロールの減少が問題となります。

中性脂肪:
150mg/dL以上
HDLコレステロール:
40mg/dL以上

上記のいずれかまたは両方

高血圧

高血圧症と判断される「最高(収縮期)血圧140mmHg以上/最低(拡張期)血圧90mmHg以上」より低めの数値がメタボリックシンドロームの診断基準となっています。

最高(収縮期)血圧:
130mmHg以上
最低(拡張期)血圧:
85mmHg以上

上記のいずれかまたは両方

高血糖

糖尿病と診断される「空腹時血糖値126mg/dL以上」より低めの数値で「境界型」に分類される糖尿病の一歩手前がメタボックシンドロームの診断基準となっています。

空腹時血糖値:
110mg/dL以上
Sitemap