close

診療科・部門案内

発達障がい外来

発達障がい外来を始めました。

人は何らかの『凸凹(でこぼこ)』を持って生れてきます。

その『凸凹』の中で、周囲の支えがあればもっと生きやすくなる場合を便宜上『発達障がい』と呼んでいます。

『発達障がい』はこれも便宜上、「自閉症スペクトラム症」「注意欠陥多動症(ADHD)」「学習障がい」と分類されています。

しかしながら、決して診断が目的ではなく、その子、その人の『特性』をしっかり理解することの方が大切です。『特性』の理解が『生き易さ』につながるのです。

『発達障がい』は1割近い人が抱えている非常に身近な特性です。

学校や仕事を出来るだけ休むことなく受診していただけるように、月に2回、土曜日か日曜日に相談外来を開かせていただく予定です。

成人の方でも、コンサータの処方を沖縄や鹿児島などの遠方の病院で処方を受けておられる場合、受診されている病院を大切にし、連携しながら、必要時は当院で処方させていただきます。

担当医の紹介

発達障がい外来 ○○


谷 均史 (たに ひとし)

卒業大学
新潟大学
資格・専門医
 
所属学会
大阪自閉症研究会
日本小児科学会
大阪小児科医会
日本周産期・新生児学会
日本産婦人科学会
日本救急医学会
日本東洋医学会

メディア出演

朝日放送 「探偵ナイトスクープ」 医学担当
Sitemap